7月9日に行いました選考委員4名による「コロナに負けず元気を出そう!コロナ川柳」の選考の結果をお知らせいたします。

応募総数 61作品 大賞~佳作まで6作品

大 賞 

終息を 見据え筋トレ 旅の夢   五十嵐定幸様

2位 

今日も行く 接待はない クラブ衆   森田茂賀様

3位(2作品) 

ディスタンス とればとるほど 大声に   城戸政秀様
密回避 ならば自然と 大接近   室井榮子様

佳作(2作品) 

県外へ 行ったつもりで お取り寄せ   上野賀代子様
マスクでも 笑顔で踊る フラダンス   桜井久美子様

 

上記以外の作品はこちらをご覧ください。(クリック↓)

コロナ川柳応募作品

審査委員長のあいづ川柳会会長・小林左登流様より総評をいただきました。

【総評】

新型コロナウィルスも落ち着いてきたかのように思えましたが、各地で再燃し、第五波到来の感さえあります。

コロナ禍で、殆どの住民の心身が疲弊している中、元気を奮い立たせる意味において、誠に時宜を得たコンクールであると思います。

作品を拝見しましたが、すばらしい作品の数々に感心いたしました。

川柳は五・七・五という十七音字で、暮らしのことや人の心の動きを話し言葉で詠む口語体の短詩文芸です。

言いたいことを、十七音字に圧縮するのではなく、言いたいことを幾つか省略して、

十七音字に膨らます文芸と言われています。

募集要項に沿い、前向きになれる内容の句(特選4句、佳作2句)を4人の審査委員で選び、

4人の合計点数で順位をつけ、大賞~佳作を厳選しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

応募された皆さん、本当にありがとうございました!

ユニークな作品やクラブ衆を題材にした作品も多数寄せられ、事務局も楽しませていただきました。

コロナに負けず、上を向いて前向きに頑張りましょう!!

また何かの機会に、皆さんに楽しんでいただけるようなものを企画していきたいと思います!